ホーム > おもしろ > 差額をさす言葉

差額をさす言葉

「スプレッド」とはFXは外貨を売買して利益を生む投資です。

 

取引の値段は、1日中上がったり下がったりします。

 

それが為替です。

 

インターネットを見ていると、市場の情報が流れる場面があります。

 

よく見るのが「本のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表現しています。

 

別の言い方をすると、売買には買値と売値の2つの価格が存在するのです。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する取引業者もあったりします。

 

一般的に売値の方が低くなっています。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

この差額をスプレッドといい、FX会社の儲けとされています。

 

スプレッドの狭さは業者によって変化します。

 

スプレッドは費用になるので、狭い取引会社をセレクトするほうが有益です。

 

ただし、同じFX業者でも場面に応じてスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

 

例として平常時はドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしても、市場の上げ下げが激しい場合には大きくなります。

 

そういう訳で、スプレッドが小さいのと同様に、固定している事が重要です。

 

現在では固定でスプレッド幅を見せるFX取引会社もたくさんあります。

 

実際に業者のトレード画面上で本当のレートを確かめなければ評価できないので手間がかかりますが、とても大事な事です。

 

多くの資金を預けて売り買いをするわけですから現実の売り買いの前に魅力的に思えたFX取引会社の新規取引口座開設を全部して、スプレッドを見ておきましょう。

 

同じ通貨でも、その瞬間の外国為替市場の状態によってスプレッドの差は異なります。

 

いつもはインターバンク市場で売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭くあとの通貨ではスプレッドが広がる事が多いです。

 


関連記事

  1. 興行ビザが不許可に?

    興行ビザの取得を自力でしたらあえなく失敗し、途方にくれて入国管理局に相談に行きま...

  2. 差額をさす言葉

    「スプレッド」とはFXは外貨を売買して利益を生む投資です。   取引の...